地球はニートを中心に回っている。

地球はニートを中心に回っている。

巻きグソ太郎といいます。(仮名)ニートらしからぬ行動力には定評があり、アクティブでクリエイティブでマッチョなニートになって、ニート界の覇者になるのが夢。 日本の押し出すクールジャパン戦略の中心的存在。世界を担うグローバルニートとなるべく日々奔走中。おっぱいが好きです。

【患者と看護師がFall in Love】ナイチンゲール症候群と転移について解説する

ナイチンゲールっていますよね。あの半端ない看護師。

 

 

Florence Nightingale CDV by H Lenthall.jpg

 

ナイチンゲールはクリミア戦争で負傷した兵士たちを、そのナイチンゲールという名前からも醸し出される母性愛で包み込んで、優しく看護をしました。

彼女は、その功績から、”近代看護の母”とまで呼ばれるようになりました。

 

夜間に患者のもとをランプの灯を頼りに巡回したことから、”ランプの貴婦人”という呼び名もあります。ホスピタリティの鏡ですね。

 

ところが、看病されている兵士たちの中に、いつの間にか”ナイチンゲールに恋しちゃっている”人たちが出てきました。

 

これは僕の想像ですが、彼らはナイチンゲールの気をひこうと、ナースコールをしたり、話しかけたり、あの手この手を試したんじゃないでしょうか

色々な意味で必死だったんだと思います。

ナイチンゲールもめんどくさかったでしょうね。好きでもない野郎たちが、自分を口説こうとしてくるわけですから。

 

これにちなんで、

看護師側が、通常以上の看護をしないのにもかかわらず、患者のことを好きになってしまう現象のことを”ナイチンゲール症候群”と名付けました。

 

ここに注意してください。ナイチンゲールの本当の体験では、彼女は患者たちからラブコールを受けますが、ナイチンゲール症候群というのは

 

看護師→患者

 

の方向の恋です。

ちなみに、Back to the futureの1でも、このナイチンゲール症候群が取り上げられています。

マーティの両親が結婚するきっかけですね。

ってか僕がナイチンゲール症候群のことを知ったのはこの映画がきっかけ。

 

ナイチンゲール症候群 - Wikipedia

 

これと反対の言葉が、フロイトの精神分析学で言うところの、”転移”に当たります。

 

フロイトは、面接過程において、患者が過去に自分にとって重要だった人物(多くは両親)に対して持った感情を、目前の治療者に対して向けるようになるという現象を見いだした。これを転移(Transference)という。

転移は、患者が持っている心理的問題と深い結びつきがあることが観察されたことから、その転移の出所(幼児期の性的生活)を解釈することで、治療的に活用できるとされた。転移の解釈は、精神分析治療の根幹とされている。

 

精神分析学 - Wikipediaより引用

 

ちょっと回りくどいので、ナイチンゲールのパターンでわかりやすく説明すると、

 

治療を受けている兵士たちが、ナイチンゲール(看護師、治療者 )のことを好きになるってことですね!!

 

患者→看護師の方向の恋ですね。

あとは、”逆転移”ってのが専門用語であるんですけど、これはナイチンゲール症候群とほぼ同じですね!

看護師→患者ってやつです。

ややこしいので、間違えて覚えないように気をつけましょう!

 

そういうわけで、今回はナイチンゲール症候群と転移について解説してみました。

 

以上っ