地球はニートを中心に回っている。

地球はニートを中心に回っている。

巻きグソ太郎といいます。(仮名)ニートらしからぬ行動力には定評があり、アクティブでクリエイティブでマッチョなニートになって、ニート界の覇者になるのが夢。 日本の押し出すクールジャパン戦略の中心的存在。世界を担うグローバルニートとなるべく日々奔走中。おっぱいが好きです。

「読んでいない本について堂々と語る方法」を読んでみた。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/Photoelly060_TP_V1.jpg

皆さんこんにちは、巻きグソ太郎です。

 

 

面白そうな本をネットで調べてたら、

こんな本を発見。

 

 

「読んでいない本について堂々と語る方法」 

 

思わずタイトル買いしてしまいましたね

 

 

じゃあ、レビューしたいと思います。

 

読んでいない本についてどうやって語るの?

この本を読もうと思った人の最大の疑問はここだと思います。

さて、その方法とは?

 

作者は割と最初のページの方で、これについての答えっぽいものを書いています。

この本の作者のような、それこそ大学で文学の研究をしているような人は、一度は聞いたことがあるような有名な本を片っ端から読んで、その内容を把握しているのでしょうか

 

答えは、否、です。

大学の教授といえども、出版されている本全てに目を通しているわけではないし、まして読んだ本のことがまともに理解できている人は少ない、と作者は言います。

 

じゃあ、どうすればいいんだ

 

この本に書いてあることで、僕が重要だと思う、読んでいない本について堂々と語るためには、2つの方法があります。

 

本と本の関係性を知る

ある書物について、これはどういうジャンルの本で、どのぐらい難しいのか、誰が書いているのか、これに類似した本は何か、という周辺情報を知ることが肝要だと筆者は言います。

 

ぶっちゃけ、その本自体の内容はどっちでもいいと(笑)

ここまで来ると潔くてかっこいいですよね。

 

要は、別に我々がシェークスピアを読んで、ハムレットがどうだ、マクベスがどうだ、ベニスの商人はヒドイとかなんたらとかを語る必要はまったくないわけです。(多分)

 

ただ、その本がシェークスピアによって書かれた作品であることや、シェークスピアの有名度、他の著書についてちょっとだけ知っていれば万事OKであると、そういうことですね。

 

どういうお話か三行ぐらいで言えればなお良い

 

 

超難解と言われている作品に、ジェイムズ・ジョイスの「ユリシーズ」とか、マルセル・プルーストの「失われた時を求めて」っていう界隈では有名なやつがあるんですけど、それを読む必要はまったくないんです。ほとんど誰にも理解できないぐらいの難しさらしいですし。

 

ただ、知っておく必要があるのは、

 

ユリシーズは、「ああ、あのダブリンの一日の出来事をめちゃめちゃ詳細に描いていて(この本があれば当時のダブリンの一日が再現できると言われるぐらい)、意識の流れという技法を使っているやつね」

 

失われた時を求めては、「ああ、あのマドレーヌから昔の記憶が蘇って、それが果てしなく続くお話ね」と

 

そういうほんとにざっくりとしたことが言えれば、きっとそれを聞いた相手の人は

「この方はなんて教養にあふれていて、深い知識や読書経験に裏打ちされた魅力的な人間なんだ!!」

 

と勝手に勘違いしてくれるはず(多分)

 

その本を読んだ人から、内容を聞く

とても楽な方法。ものの5分かそこらで、その本を読んだかのような経験をすることができる。

 

相手の人が話してくれる内容は、きっとその本を読んでいて印象に残った部分、すなわち重要な部分のはずで、それをパクってしまえば、誰もあなたがその本を読んだことが無いとは思わないでしょう。

 

もし、相手の言っていることが要領を得なかったら、きっとその本は大したことがなくて、読む価値のない本だなとわかって、それはそれでオッケーですよね。

 

 

 

最後に 

 

というわけで、今日は「読んでいない本について堂々と語る方法」をレビューしたわけですけど、

 

 

 

 

 

ぶっちゃけほとんどこの本読んでないんですよね(10分ぐらい)

 

 

 

最初の数十ページぐらいはちょろっと読んで終わりっ!!的な。

 

それでも、まあ、こんな感じでレビューが書けちゃうってことで、この本の有用性が示せたのではないかと思います。

 

僕はこの本を買う前、きっとジョーク満載でユーモアにあふれていて面白いんだろうなと思っていましたけど、けっこう真面目な本です。

 

面白い本っていう期待はあんまりしないほうがいいと思うよ!!

 

 

 

 

以上っ