地球はニートを中心に回っている。

地球はニートを中心に回っている。

巻きグソ太郎といいます。(仮名)ニートらしからぬ行動力には定評があり、アクティブでクリエイティブでマッチョなニートになって、ニート界の覇者になるのが夢。 日本の押し出すクールジャパン戦略の中心的存在。世界を担うグローバルニートとなるべく日々奔走中。おっぱいが好きです。

【ニートが選ぶ】生まれてくる子どもたちに伝えたい不朽の名作マンガ7選

皆さんこんにちは、巻きグソ太郎です。

今日はマンガについて語ろう。僕はマンガがすきだ。ドラゴンボールが好きだ。スラムダンクが好きだ。金色のガッシュベルが好きだ。ナルトが好きだ。トラブルが好きだ。もちろんトラブルダークネスも。

 

日本には数え切れないほどたくさんのマンガが生み出され、市場に流通している。

 

情報過多、玉石混交の現代社会において、優れたマンガを見つけ出すことは、砂漠に咲く一輪の花を探すようなものだろう。

そして、数々の優れたマンガも、いずれ時の洗礼を浴びて、いつの間にか忘れ去られてしまうものが大半である。

 

今生まれてくる赤ん坊たちが成長していく過程で、果たしてどれだけのマンガが不朽の名作として残っているのだろう。

 

今回の記事では、日本が誇るマンガの中から、厳選に厳選を重ねた、俺的ベスト7を紹介しよう。

これから子供が生まれ、新たな家族を増えることになるであろうみなさんには、ぜひともこれらの本を大人買いして、家に置いてほしい。

そして、子供はその素晴らしい漫画を読みながら育つのだ。

 

なんて子供は幸せなのだろう。こんなにも優れたマンガの数々を読むことができるとは。豊かな日本のマンガ文化の土壌に育った子どもたちの将来は明るい、

 

 

ってわけで、紹介しちゃうよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

 

1.ドラゴンボール 鳥山明 

 

チョーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー有名でしょ!!

これを知らない人は日本人じゃない!!

トーリーはシンプルでわかりやすい、そして面白い!

 

孫悟空ベジータヤムチャクリリン天津飯神龍、セル、フリーザ魔人ブウなどなど。

たくさんのキャラクターが出てくるけど、鳥山先生のすげえところはそのネーミングセンスだと思う。

食べ物や野菜の名前、服の名前とかから大体のキャラクターがネーミングされてるんだ。でも、全然気づかないよね。いわれてみないと。それがすげぇ。

 

 

ドラゴンボールの凄さは他にもあって、それは、その知名度ゆえに、あらゆる会話において使うことができる点だと思う。

たとえば、初対面での自己紹介の時

「おっす!オラ〇〇!」

 

といえば、

 

「あードラゴンボールおもろいよね!!」

 

と会話を広げることができる。でも多分、初対面でこういうことを言ってくる人がいたら、病院に連れて行くと思うけど。

 

またあるとき、たとえば、インフレーションという言葉を説明することになったとしよう。こういうときには、

 

「最初はヘボかった孫悟空が、急激に成長して、瞬間移動したり、カメカメハで地球を崩壊させることができるようになること」

 

といえば、大体のインフレの意味はつかめるんじゃないかな。

 

ここがドラゴンボールのスゴイところじゃね?って思いますね、ハイ。

 

これはね、未来の子どもたちに伝えていかないといけない日本の宝ですよね、もちろん。

2.ONE PIECE 尾田栄一郎

全然終わらないやないかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!!!

このままのペースで行くと200巻超えたりしそうや。俺が生きてる間に完結してほしい。

伏線回収できるのかな。物語が収束するんか?

まあ、それは尾田さんに任せるとして、

ONE PIECEも何より知名度がハンパない。

 

全世界に出版されてるし。

累計発行部数3億2000万部とか、えげつな過ぎてもはやドン引き。

ちなみに、これ世界一ちゃうかって思ってたら、聖書の累計発行部数は40〜60億部らしく、この数字にもドン引き。

 

あとはルフィーのキャラクターもステキなんだなぁ!

 

なんでこんな仲間助けるんだよ!いい加減誰か見捨てろよ!って思った僕のことはおいといて、

 

ルフィーは絶対仲間を裏切らない。

たとえ、仲間に殺されそうになっても。

 

そこがルフィーというキャラクターの魅力であって、子どもたちに吸収してほしい部分なんですよ!!!!

 

裏切らないこと、見捨てないこと、助けること、信じぬくこと、だめになーりーそぉーなぁーとーきー、それが一番大事〜〜〜〜〜〜♪

 

それが大事/大事MANブラザーズバンド - YouTube

 

 

3.スラムダンク 井上雄彦

 

これはスポーツマンガのトップでしょう!!!!

スラムダンクの特徴は、比較的早く終わるということ。

その短い数10巻のなかにバスケットの面白さ、熱い思い、そして青春が込められています!

特に最後の山王戦は感動的すぎて、もう10開以上は読み返したぐらい。

ミッチーのくだりが最高だなぁー−。

「もう、俺にはリングしか見えねえーーーーー」

 

ああミッチーかっこよすぎるぅううううううううううううううう

 

あとは、宮城と花道がアリウープ決めるシーンとか、ルカワと花道のハイタッチのシーンとか、もうこれを読まない人生なんてそれは退屈じゃまいか。

 

個人的には、この7つのマンガの中では一番好き。もうね、俺は愛してるよ、スラムダンクを。

あいらぶすらむだんく!!!! 

 

俺のスラムダンク愛が伝わったらいいな!

 

 

 

4.ドラえもん 手塚治虫

ドラえもんもいいよねぇ−−−。のび太くん、しずかちゃん、スネ夫ジャイアンの四人組+ドラえもんのコンビがのバランスが絶妙。

 

ドラえもんの凄さっていうのは、前の3つともかぶるけど、その知名度

そして、秘密道具のバリエーションの高さ、アイディア性の豊かさ。

 

もうなんでもありやん!!!って度々つっこみたくなる。

 

もしもボックスとか、翻訳こんにゃく、スモールライト、タケコプターなんて言ってもみんなに伝わるなんてスゴイことじゃないすか?!

 

僕たちはどんなときでも、ドラえもんのパロディーを使って、会話を育むことができるし、笑いを取ることができる。

 

もしもボックスで、ドラえもんが存在しない世界に行ったら、僕たちはひどく違和感を覚えるんじゃないかな。

 

そんぐらい、我々日本人の根本の部分に存在していて、必要不可欠なのがドラえもんですっ!

 

5.寄生獣 岩明均

寄生獣はこれまでの4作品とはちょっと趣が違ってくる。

寄生獣を読み終えた時、ぼくはいろいろなことを考えた。

果たして人間とは何なのか、生きるとはどういうことか、寄生獣が寄生した人間と、そうでない人間が共存することはできなかったのか。

物語の最後で、ミギーがいなくなったことで、僕はスゴイ寂しかった。

主人公である新一も僕と同じことを感じていて、最初はミギーのことをうっとうしがっていたんだけど、だんだん好きになっていって、ついに新一にとってミギーはかけがえの存在になっていく。

 

そんな彼も、物語の終盤のミギーとの別れには、見えない涙を流したと思う。

 

寄生獣はものすごい難しいテーマを扱っているし、それを読者に考えさせようとしている。

疑問を投げかけているんだ。

子供にとって寄生獣は、最高の知育ツールになるに違いない。

たしかに、幼い子供には残酷すぎる描写もあるが、親子で読んで感想をシェアしてみるのは、親と子の両方の勉強になると思う。

 

 

6.金色のガッシュ!! 雷句誠 

 ぶっちゃけ言うと、この6番と7番は個人的な独断と偏見のゴリ押しで選びました。

 

金色のガッシュ!!はどういうお話かというと、魔物界から選ばれた100人の魔物の子どもたちが、人間界でパートナーを見つけてタッグを組み、100人の中から1人になるまで戦うっていうストーリーなんですよ。

 

それで、魔物は、分厚い本を持ってるんだけど、その本に書かれた呪文をパートナーが読み上げると、魔物が雷とか出しちゃったり、重力とか操っちゃったりする。

そんでもって、その本が燃えちゃうと魔物が消えて、魔物界に強制送還されるのね。

 

それぞれの魔物とパートナーにストーリーがあって、パートナーと魔物の別れのシーンが感動的なんですわ。

 

僕が特に好きなのは、バリーっていうキャラの別れのシーンと、ウマゴンっていうキャラの別れのシーン。どっちも、結構重要なポジションで、物語の終盤でいなくなっちゃうんだけど、まじで泣きそうになったぐらい。

 

あとは、やっぱり主人公が魅力的!!

ガッシュはブリが大好きで、口癖が「ウヌ!」。

おまえ王様かよwwwwってツッコみたくなるよね。

 

でもそこが好きになっちゃうんだなぁーーーー!!

 

 

全33巻っていう長編漫画の中では比較的短い方だと思うから、パッと読めるしで、ほんとにオススメ!

 

 

 

 

7.ToLOVEる 矢吹健太朗 長谷見沙貴

はい…ということで、いよいよ最後の紹介となりましたが、ここでのToLOVEるですよ。

僕は未来の子どもたちにToLOVEるというマンガを伝えていかなければならないと思っている。
その役割を果たせるのは俺しかいないんじゃね?

ってことで、これを紹介するぜ!!!

異論は認めないからよろしくぅ!!!!

 

さあ、ToLOVEるは何がいいのか、ということですが、それはこの作者矢吹健太朗の「イマジネーション」にあるのではないかなと思います。

 

矢吹氏の限界への挑戦はとどまることを知らない。

不屈のチャレンジャー精神は、これからの日本を支えることになるであろう、未来の子どもたちにも伝えなければいけないのだ。

 

 

少年誌の性描写への限界を挑み続ける矢吹氏の、鮮やかなテクニックの一部を紹介しよう。

 

 

矢吹氏の神スキル

・蛇口ま◯こ

・水滴ま◯こ

・瞳ま◯こ

・スライムま◯こ

・鏡反射ま◯こ

・マヨネーズが偶然パンツの飢えにそういう形にかかっただけですま◯こ

 

具体的にはどういうことなのかは、下のリンクか、自分のイマジネーションでなんとかしてみてください。

【めちゃシコ注意】『ToLOVEる ダークネス』 矢吹神のスキル一覧 やはり天才か… - ToLOVEる☆LOVE

 

 

旧石器時代からいかに人類は想像力を発達させてきたかということが非常によく分かる。

いまだかつて、この宇宙がビッグバンによって生まれてから、このような大胆なことができたのは矢吹氏ただひとりなのである。オンリーワンなんだ。

その偉業に敬意を表し、この記事の7番目にToLOVEるを入れてみようと思ったわけなのでした。

 

 

以上っ!!